ひとりごと

困った

選挙権を得て以来、棄権はほとんどしたことがない。前回の棄権が思い出せないほどだ。投票は国民の義務と受け止めている。1977年7月の参議院議員選挙では、富士登山と重なったので不在者投票をした。その不在者投票の要件が今より厳しく、難色を示されたとこ…

いい国ニッポン

財政審「年金水準の低下」削除 意見書原案から「老後の自助努力」も 6月20日付けの地元紙夕刊1面記事の見出しである。 政府・与党の立場を忖度しない審議会の報告は、その受け取りを拒否することができる。 どうやら、これが不文律として定着しそうだ。 忖度…

再びちょっといい話

去る6月12日水曜日の午後、当地では空模様が急変した。土砂降りの雨になり背筋の凍りつくような雷鳴が続いた。局地的には雹(ひょう)も降った。 その様子を我が家の次男が自宅の庭で動画撮影して、複数の地元TV局に投稿したら、NHK始め3社に採用されて、夕方…

ビールがまずい?

本格的な夏を目前にして、まずいことになってきた。 ビールをおいしく飲めるのは、最初のひと口だけ。以前からうすうす気づいてはいたが、いよいよ不都合な事実となってきた。ふた口目からは、ただほろ苦いだけの冷たい液体と化してしまう。本物のビールも第…

ちょっといい話

健康診断を受けた。 腹囲(子供の頃測ったのは胸囲だった)が71cm。よくぞここまで絞れたものだ。連日の腹筋運動の成果だろう。わずかにくびれまで生じている。おかげで窮屈になったズボンを再び着用できる。 血圧は、最初にセルフ式の機器で測ったら依然とし…

二千万円用意せよ!

今さら多言を要しない。でも、これだけは言いたい。 皆さん、いささか過剰反応ではないのか。 政府は、報告書をきちんと受け取れ。与党も、正面から受け止めろ。 「国民の皆さん、御安心ください。政府は・・・をお約束します。我が党は・・・を参議院選挙の…

ネタ切れ御容赦

しばらくひとりごとが続く。趣味の分野は別として、privateなひとりごとは極力避けたいが、ネタ切れ状態のため、お許しあれ。 「父の日」 今の時期は否応なしに目に付く。母の日は子供の頃からなじみがあるけれども、あとから取って付けたような父の日、とり…

眠れぬ夜に

「歳をとると、いいことなんか、なーんにもない」 祖母が日頃そう言っていたと、亡き母から何度も聞かされた。繰り返し聞くうち、そのとおりかな、と思った。 歳をとると、いいことがある。まわりにいた嫌な奴がみんな死んでいなくなる。 そんな趣旨のことを…

紙幣の刷新

1万円札が渋沢栄一 5千円札が津田梅子 千円札が北里柴三郎 だそうだ。朝刊の1面で報道された。 何故1万円札はいつも男性なのか。 何故男性2に対し女性1なのか。 選定基準はあるのか。 私なら 1万円札には田中角栄 5千円札には市川房江 としたい。この2人は組…

くじ運はいかに・・・

今年は、お年玉付き年賀はがきの3等が5本当たり、切手シートが5枚も獲得できた。今までの最高ではあるまいか。 さらに 携帯電話会社の毎月のナンバーチャンスで電話番号の末尾3桁が一致し、その景品がカタログギフトだった。選んだのは日本酒。岡山県の「極…

十連休?

今年の大型連休(ゴールデン・ウィーク)は、十連休になるのだそうだ。TV、新聞とも大きく取り上げている。 その初日は4月27日の土曜日のようだ。土曜日が当然のごとく休日扱いになっている。土曜と日曜の週休2日制は、どの程度普及しているのだろうか。信頼…

懐かしの喫茶店

今夜NHKTVのローカルニュースを見ていたら、最近よく話題になっている名古屋・栄の中日ビルが映し出されていた。近々取り壊され新しく生まれ変わるためだ。 映像は中日ビル開業以来の老舗喫茶店からの中継だった。窓から栄の繁華街が見渡せる。もしや、と思…

組閣

一度はやってみたいのが組閣 もし私だったら 初入閣 萩生田、西村、菅原 、平沢、小泉(敵材適所か) 再入閣 甘利、下村 、林(幹男)、山本(一太)、小渕、石原 女性登用 片山 民間登用 加計【文部科学】、櫻井【防衛】 これで有終(憂愁?)の美を飾れる…

凡人の辞書

能吏(のうり) 事務処理能力のすぐれた有能な官吏であると評価されるように立ち回ることのできる役人 爪を隠す「能ある鷹」とは似て非なる言葉 その例として 秘かに裏帳簿を作成し、上司の飲み喰いの尻拭いができる 面倒な仕事を部下にやらせ、成果が上がれ…

家事分担

換気扇の頑固な油汚れを落とすには、気温の高い時期がいいそうだ。今が最後のチャンスと思い、さっそく試してみた。ささやかながら家事分担の実践である。 手始めに、食器洗いの洗剤を溶かした湯にしばらく浸けておき、作業を始めたところ、しつこい汚れが残…

おーい石原君

歌謡曲なら、「おーい中村君」。ここでのお相手は石原君だ。今夜、久しぶりにTVでお姿を拝見した。元気そうで何より。 派閥の親分になっていたとは、たいしたものだ。 それにしても存在感が希薄だな。弟さんのヨシズミ君の方が政治家向きに見える。 今回はア…

真夏を快適に/音楽

終日、屋外からアブラゼミ、さらにクマゼミの鳴き声が入り混じって聞こえてくる。いつもの夏なら、こうした聴覚からの季節感は歓迎すべきところだ。しかし今年に限っては、暑さを一段と増幅させており、いささか食傷気味になる。 これを打ち消すような音楽を…

真夏を快適に/朝湯

いかにして、この夏を快適に過ごすか、凡人の知恵ではたかが知れている。先人の生活習慣がヒントになった。 團伊玖磨 「続々 パイプのけむり」 (朝日新聞社) 昨夜の風呂の残り湯が、ほどよい温度を保っている。これも猛暑の効果か。いつもなら水風呂だ。 …

話題豊富な2018年夏

この寒暖計は正常です。冬は氷点下を示していました。 (8月2日の昼下がり 軒下にて) 火星を、それと知りつつ見たのは初めてのような気がする。 (8月2日午後11時頃の南の空) 朝のニュースなのだから、もっとさわやかな服装にできないものか。 センスを疑…

熱中症疑似体験

昨日何気なくTVを眺めていたら、熱中症の前兆の一つに、手足のしびれがあるという。日課としていたランニングが2日間できなかったため、その日の夕食前に庭を走った。軒下の寒暖計は34度だった。風が吹いており、体感温度はこれより下がる。 休憩をはさんで…

総選挙?

昨日の地元紙1面を見ると、「ナゴヤ大入り AKB総選挙」という記事が写真入りで掲載してある。御丁寧にその関連記事が30面にも。 NHKは全国ニュースで流していた。マスコミの矜持はどうした。そこまで大衆に迎合するのかね。 30面にベタ記事で十分。新聞で大…

叙勲雑感

先日、春の叙勲受賞者が発表された。新聞の見出しに目を疑った。映画監督のKが旭日小綬章だそうな。かつて、暴力沙汰を起こして有罪判決が確定したはず。もう無かったことにしたのか。でも、事実は消せないし、人の記憶にも残っている。辞退することもでき…

頭の体操

ぼけ防止のためにピアノで指の運動を始めて久しいが、しばらく間を空けると楽譜を忘れてしまう。 数日前に食べたのに、冷蔵庫にあるはずの酒の肴がなくなったと家内に尋ねる。 パソコンでログインする際の、IDとパスワードの区別が付かず、これも忘れてし…

森友学園をめぐる問題について

言いたいことが山ほどある。長文を避けるために要約すると、舌足らずになる。 匿名のブログでも、言っていいことと、いけないことがある。一個人の見解と断っても、誰が読むかわからない。 そこを、あえてひと言だけ記す。野党も、マスコミも、有識者も、追…

卒業か留年か

昨年5月からNHK教育TVの高校講座を見ていたところ、先月までで最終回となった。見落としたときは、後日パソコンの画面で見ていた。 受講したのは、化学基礎、物理基礎、地学基礎、日本史、世界史、地理の6教科だ。 このうち、化学と物理は、途中から付いて行…

記憶の不思議

自分の通った2つの小学校、中学校、高等学校、4校の校歌は、1番だけなら、数十年経過した今でも歌うことができる。在学中に歌ったのは、始業式、終業式、卒業式と、その直前の音楽の授業など、わずかな回数だ。卒業後は、当然ながらその機会はない。それ…

◎ これもよく出来ました ◎

みかんの皮でマーマレードを作ってみた。生来の不器用にもかかわらず、ここまでに至るとは、我ながらよくぞ克服できたものだ。先日のジャムに比べれば簡単に出来る。ほろ苦さと甘さとのバランスが絶妙である。風邪の予防効果に期待したい。

不可解な候補者

日本相撲協会の理事候補選挙が話題になっている。 世間の関心事は貴乃花親方の当落のようだが、もう一人不可解な候補者がいる。何故かこちらはあまり取り上げられない。暴行傷害事件のあった春日野部屋の親方だ。理事となる資格があるのか、と言いたい。 候…

兄弟げんかはやめよう

「空見ふ頭展示場 断念へ 名古屋市 名港内で代替地検討」 去る1月27日付け地元紙朝刊の見出しである。名古屋市が、港区の空見ふ頭に計画していた大規模展示場を断念するそうな。代替地を検討するというからには、まだあきらめてはいない。 同様の展示場は、…

図書館にて

長年にわたり多額の住民税を納めているからには、少しでもその恩恵に預かろうと思う。 その意味でも、図書館は積極的に利用したい。税金の納め甲斐を実感できる。図書館の蔵書はすべて住民のものだ。日本文学で未読の名作がまだたくさんある。生涯に読むこと…