ほろ酔い日記

5月某日/ミントの季節

仕事帰りにBARでカクテルを味わう楽しみがなくなったのは、少々さびしい。せめて、晩酌で工夫をしようと思う。 今年も、庭にペパーミントがたくさん生えてきた。ミントの香りは効果絶大なものがあり、低価格のバーボンウィスキーが見事に変身する。

5 月某日/ビールの季節

日中の気温が上がり、ビールのおいしい季節になった。アルコール濃度が低いために、さほど量を気にせずに飲める。 次男一家が来るというので、庭で即席のビアガーデンを開設する。 夕刻には涼しい風が吹き始め、気分爽快。

5月8日/休肝日

今日は新聞の休刊日、これにあやかり休肝日にすることを思いついた。 今月は5件もの宴会が控えており、肝臓を休ませよう。宴会の都度名古屋まで出向くのは面倒だ。時間とお金の無駄ではないのか、という疑問も生じてきた。 「断捨離」「終活」「身辺整理」な…

4月某日/贅沢三昧

「今日は一日贅沢三昧」 これが許されるとして、どのような一日を過ごすかは、人それぞれだろう。 手っ取り早いのは、グルメと酒か。 1年のうちには、盆と正月もあることだし、日頃からそんなことをしていたら体に悪い。 せいぜい晩酌の楽しみに留めておこう…

3月/居酒屋寄り道月間(後半)

某日/和民 世間からは不評を買っていた店のようだが、お構いなしに立ち寄る。これには訳がある。 ワタミグループの食事券があり、期限内に使いたいこと。もう一つは高価な「獺祭(だっさい)」が手頃な価格で飲めることである。 肴にも食指が動く。アボガド…

3月/居酒屋寄り道月間

長年続いた名古屋への通勤と仕事帰りのささやかな楽しみも、今月限りとなった。そこで、今月を居酒屋寄り道月間とした。 某日/鳥貴族 税抜き280円均一のチェーン店。目的は焼き鳥ではなく、280円の「響」である。「角」よりまろやかで品がある。角(かく)…

2月某日/OYSTAR BAR

OYSTAR BARを知ったのはまだ最近のことだ。名古屋の金山駅前にあるボストン美術館の帰り、久しぶりに夜の金山界隈を歩いていたら、偶然に見つけた。 冬の間に一度くらいは生ガキを食べてみたいと、かねがね思っていたところでもあり、立ち寄ることとした。生…

2月某日/格安の酒

おいしい酒ばかり追い求めていると出費がかさむ。そこで、ものは試しと考え格安の普通酒(純米、本醸造以外の酒)を飲んでみることにした。「安かろう 悪かろう」は本当か。興味津々。 2リットルの箱入りで税込み969円。30年ほど前の二級酒よりはるかに安い…

2月某日/ナゴヤでヨコハマ

何だ、この表題は。 先日、所用で横浜へ出向いたその晩、夕食は初めての中華街だった。3家族6人での楽しい宴がお開きとなったのが10時半。横浜のBAR、できればSea GuardianかBlue Light Barで「ヨコハマ」を味わってみたかったが、断念してホテルへ戻った…

1月某日/杏露酒

杏露酒これは「シンルチュウ」と読む。知らなかった。 中国酒に非ず。日本の会社が、国内で生産し国内で販売している。これも知らなかった。 まことに消費者とは騙されやすい存在である。中華街という場所柄、紹興酒でもよかったが、好奇心もあって試しに飲…

1月某日/箱の酒

年末から年度末にかけて出費がかさむ。まず晩酌から切り詰めよう。 箱入りの日本酒が低価格で出回っている。高価な酒はおいしくて当たり前、低価格でも一応の満足感が得られるならそれで良しとしよう。 京都・伏見を代表する銘柄「月桂冠」の「山田錦辛口純…

1月某日/懲りずに道草

また錦三へ? よく懲りないねえ。仕事帰りに一人で錦三丁目の盛り場に立ち寄るようになったのは最近のことだ。連日名古屋へ通うのも、あとわずかな期間となってきた。心残りのないように道草を楽しみたい。今年最初に足を運ぶのは「ノクターン」だ。ここはク…

12月某日/降圧剤

カカオポリフェノールの多いチョコレートに、血圧を下げる効果があるという。体にいいことなら、何でも試してみたくなる。薬の世話になる前に、大好物のチョコレートを薬とみなして服用し続けたらどうなるか。 たとえ血圧が下がったとしても、それが何による…

12月某日/相変わらずの道草

ひとり気ままに錦三丁目のBARでくつろぐ。その前の週とは別の店だ。今年のうちに一度は足を運んでおきたかった。いずれそのうちに、と先送りしていると、敷居が高くなっていく。店内に流れる音楽が、モーツァルトからジャズ・ヴォーカルに変わっていた。…

12月某日/道草

いずれは隠居生活に入る。仕事帰りに名古屋の盛り場を歩くこともなくなる。今のうちに楽しんでおこう。 お付き合いで参加する忘年会が減ったのをいいことに、ひとり気ままに錦三丁目のBARでくつろぐ。 その日は、ベートーヴェンのピアノソナタ全集が流れ…

12月某日/忘年会

隣りの町に住む次男一家と次男の奥さんの御両親を我が家に招いて、恒例となった両家による忘年会。 何の気兼ねもいらぬ和気藹々の楽しい時間を過ごすことができた。 ほろ酔い気分にひたっていたら、余興でピアノを弾くはめになった。孫のために、シューマン…

勤労感謝の日

誰が誰に感謝する日なのか、由来はどこにあるのかはともかく、働く者にとっては貴重な祝日だ。家人もいないことだし、国旗掲揚、月命日のお勤め、日課の洗濯その他雑用を済ませた後は、ひとり気ままに過ごす。とは言いつつも、音楽を流しながらの読書にピア…

10月某日/南国のビール

大切な用件があって家内とともにハワイへやって来た。生涯で二度もハワイへ来ることになろうとは思ってもいなかった。 ハワイは飲酒に関して厳しいルールがあるそうだ。まず、公園や海岸など公共の場所で飲むことが禁止されている。 酒の席でのマナーも覚え…

9月某日/車窓の友

親戚の法事があり、広島県北広島町に出かける。浮世の義理とはいえ、久しぶりに鉄道での長旅の機会に恵まれたことに感謝する。 車中では、新聞や本を読んで有効に過ごしたいところだが、目に悪い。最近ではぼんやりと窓の外を眺めることが多くなった。 帰り…

9月某日/280均の店

居酒屋探訪に出向く。今夜は焼き鳥の全国チェーン店「鳥貴族」。全て税抜280円の均一価格だそうだ。 通常ならあまり気が乗らないところだが、ここを選んだ理由はただ一つ。サントリーの「響」も「角」と同じ280円で飲めるからだ。 さぞかし小さなグラスで供…

9月某日/飲み比べ

「一番搾り 信州づくり」が入手できたので、待望の飲み比べを試みる。 まず、定番商品の「一番搾り」、これはもともと私の好みであり、期待どおりのおいしさだった。苦みは控えめでしっかりとした旨みが感じられる。 次に、信州づくり。何とただ冷たいだけの…

8月某日/健康にも配慮

晩酌はマンネリ化しやすい。のどの渇く夏は毎晩のようにビールを飲むこととなり、しかも適量を超えてしまうことがある。そこで、健康のためにプラスとなる晩酌のメニューとして思いついた飲み物がこれだ。 焼酎は、このブログ初登場のような気がする。甲類の…

8月某日/遥かなリオ

オリンピックの競技を観戦するためにTVのチャンネルを合わせると、リオデジャネイロの風景が映し出される。コパカバーナの海岸とともに高い丘の上に建てられたキリスト様の姿がすっかりおなじみとなった。治安を別にすれば、第一級の観光都市だ。ブラジル…

8月某日/猛暑の街

ようやく県外へ出る機会があった。K社の「一番搾り 岐阜づくり」を手に入れようと多治見駅で下車。 6軒の店を訪ね歩いたが、どこにもなかった。通常の「一番搾り」はどの店にも置いてあった。うち1軒には名古屋づくりが置いてある。目を疑った。多治見は愛…

8月某日/真夏の宴

お盆の帰省ラッシュは毎年TVのニュースで見ているが、暑いさなかに高速道路の渋滞や乗り物の席の確保など、とりわけお子様連れの方々には御苦労なことと同情する。帰省の必要がないというのは、ものぐさな私にはかえって好都合だ。我が家では、子供たちの…

夏ばて寸前

家の外へ出るとめまいがしそう。頭がボーッとする。これがひどくなると熱中症になるのか。 休日はもっぱら家に閉じこもっている。かつては、避暑登山という理屈でよく御在所岳へ出かけていた。 通勤を始めとして外出が面倒になってきた。早く毎日を日曜日に…

ビールがうまい

本物はいい。適度に苦みがある。 名古屋づくりのほか、全都道府県に固有の一番搾りが作られている。どこが違うのか。47とおりの製造方法の情報を開示してほしいものだ。

7月某日/復興支援

仕事がひと区切りついたことから、職場有志による懇親会(打上げ)があったが、欠席した。最近では、仕事絡みの宴席に出るのが苦痛になってきた。もともと余計な気遣いは苦手でもあり、くつろげないからだ。 ひとり呑みか、気の合う者だけごく少数がいい。名…

6月某日/ビアガーデン

日中は暑くても夕刻になれば風が涼しくなる。貴重な梅雨の晴れ間、庭へ出てビールを飲もう。 のどさえ乾いていれば、第三のビールも遜色はない。酒はその時の気分と雰囲気によって、おいしいと錯覚できるものだ。 都会のビルの屋上にあるビアガーデンは、空…

日曜日の昼下がり

家内は朝から終日お出かけ。さて、昼食をどうするか。 田舎暮らしゆえ、近くに適当な飲食店はない。出かけるのが面倒なので家で済ませる。 まず、気晴らしに何かを飲もう。昼食時にワインやビールならよくあること、たまにはウィスキーもいいだろう。ミント…