スミレ開花


我が家に2種類のスミレが咲いた。これはどこでも見られるスミレ、この花の色をスミレ色(violet)と言う。当たり前と言えそうだが、スミレの色は、白もあればピンク、薄紫、黄色などさまざまである。普通のスミレのほか、裏庭では2年ぶりにヒゴスミレが咲いた。昨年は咲かなかったので我が家の庭では絶滅したか、とあきらめていた。日当たりの悪い場所によく自生したものだ。

スミレの種類はきわめて多く、判別がむずかしい。
先日(4/15)の清滝山でも2種類のスミレを確認した。

ピンク色の方はアケボノスミレと思われるが、断定しがたい。その1週間前に入道ヶ岳で見かけたのはタチツボスミレ鈴鹿の山ではあちこちで見かけるので見分けがつきそうだが、よく似たものがあって迷うこともある。

帰ってから図鑑で調べるためには、面倒でも花と葉両方の写真をきちんと残しておくことが不可欠である。