御在所岳(三重県菰野町 1,212m)

期 日 5月6日 月曜日・振替休日
行 程 湯の山温泉〜裏道登山道〜国見尾根〜御在所岳〜表道登山道
天 候 快晴

好天に誘われてお花見登山を決行する。国見尾根ではアカヤシオの花が見頃を迎えていた。運がいい。気品の漂うこの花の色をどう表現したらいいのだろう。ピンク色はそぐわない。あえて言うなら「薄紅梅」か。
アカヤシオの花は風雨に弱く、今までに何度足元に散り果てた花びらを踏み付けてきたことだろう。桜と同様、はかない命だ。
一方のタテヤマリンドウの花は、暖かさを感じさせるアカヤシオとは対照的にとても涼しげに見える。あちこちに群生しており、足元に宝石をちりばめたようだ。
今回も平衡感覚と体力の低下を思い知らされた。北谷に掛かる「四の渡し」では冷や汗ものだったし、表道登山道の下りでは、積雪時並みのスローペースだった。鈍足の私には、日の長い季節はまことに好都合と言える。