滝から転落?

5月19日付け朝日新聞朝刊の記事によると、18日、鈴鹿山脈御在所岳にある「不動滝」の滝つぼ付近の岩場で登山者が倒れているのが発見され、救助されたが死亡が確認された、とのこと。登山道を外れて不動滝の上から約20m下に転落したらしい。
昨年も同じ場所で犠牲者が出ていた。

不動滝を登ろうとしたのなら、とんでもないことだ。沢登りの対象となる滝ではない。右岸の巻き道を知らなかったのか、或いは気付かなかったのか。滝を直登するような目印に誘導されたのだろうか。
不動滝のある本谷コースは、それなりの覚悟が必要だ。私自身も過去3回登ったが、今となってはとても自信がない。
不動滝周辺の現場検証を兼ねて、肝だめしに本谷を登ってみたい気もするが、新聞に載るのは御免こうむる。残念ではあるが自重しよう。

(画像は不動滝 2005年9月24日撮影)