雨の朝


檜花粉の飛散が収まり、朝の冷え込みがなくなり、日が長くなり、日中は上着が不要となり、湯冷めの心配がなくなり、のどが渇けば第三のビールでさえおいしくなり、一年で最も快適な時期が到来したかと思いきや、早くも東海地方が梅雨入りとか。
5月で梅雨入りとは、少々早過ぎないか。
4月から降水量が少なかったのでこれで均衡がとれるのだろう。

それにしても雨の日の出勤時は気が滅入る。マイカー通勤の輩が、生活道路を猛スピードで走り抜け、水しぶきを掛けられることがよくある。ハンドルを持つと歩行者への配慮も何もあったものではない。愛知県のドライバーのマナーの悪さには閉口する。