好きな歌/名古屋市立T小学校校歌

「あゆちの海の跡遠く ・・・」で始まる格調の高い歌詞だった。小学校低学年では理解不可能だろう。昔は海だったこと、愛知の名の由来となったことなど、担任の教師が教えてくれたのか、別の情報で知ったのか、今となっては定かでない。
歌詞には「伊吹の山」も登場するが、伊吹おろしにさらされたことはあっても、伊吹山を見たという記憶はなかった。
休憩時間には一緒にドッチボールをするなど、男子と女子との仲が良く、とても楽しい学校生活であったが、4年生の時に後ろ髪を引かれる思いで転校することとなった。それ以来、校歌を聴くことはもちろん、歌う機会もないが、今でもはっきりと記憶に残っている。