清滝山(439m 滋賀県米原市[旧・山東町])

期 日 3月15日 土曜日
行 程 柏原駅〜旧中山道柏原宿〜徳源院〜山頂〜柏原駅
天 候 曇のち晴れ


職場の有志による登山は今回が最終回となる。参加者は、メンバーの家族とその友人も加わり9人となった。目的地は、駅からの安・近・短を考慮して滋賀県のJR柏原駅から短時間で登れる清滝山にした。
名古屋駅を発車した時はよく晴れていたが、関ヶ原付近から雲が広がった。よくあることだ。県境を越えて柏原駅に着いたら、なんと小雪が舞っている。これこそ「なごり雪」だ。お別れ登山にふさわしい天の神様の演出か。雪はすぐにやんで、天候は曇り空ながら時々青空が広がった。
中山道柏原宿の面影が残る街並みを歩き、京極家の菩提寺である徳源院に立ち寄り、隣りの清滝神社から登山道に入る。一部に急な登りもあって初心者には少々手ごわかったようだ。尾根に出てしまえば、山頂を経て清滝の集落へ下山するまで、ほとんどハイキング気分で歩ける。

貸切状態の山頂で昼食。保温性の容器に入れて持参したホットワインをふるまう。メンバーの一人が結婚することになったので、新たな門出を祝って乾杯する。
南に霊仙山、北に伊吹山、いずれも雪をまとっている。ふもとにはJR東海道本線が走る。季節柄、長大編成の貨物列車が目立つ。鉄道模型を見ているようだ。
帰りの電車は混雑していた。3月は貨物だけでなく人の移動もふえる。青春18切符の影響だろうか。