通勤途上にて


4月になり、やっと寒さに震えながらの通勤から解放された。日の出の時刻が一段と早くなって、出勤時には陽光がまばゆいほどだ。気分まで明るくなるから不思議だ。
それにしても桜の開花の早かったこと、つい先日、名古屋で開花したとのニュースに接したばかり。気がつけば、当地でも川沿いの桜並木が満開に近づいている。出勤途上の景観がにわかに春めいてきた。
あと何回、このようにして此の世の春を迎えることができるのだろうか、と思う。名古屋の市街地ではすでに花びらが舞い始めている。そう散り急ぐこともなかろうに・・・

今年は、どこの山で桜を眺めることになるのだろう。