霊仙山(1084m 滋賀県多賀町)

期 日 4月19日 土曜日
行 程 柏原駅〜経塚山〜山頂〜榑ヶ畑〜醒ヶ井養鱒場
天 候 晴れ

登山仲間の例会に初参加。片田舎の我が家からでは名古屋駅6時10分の集合時刻に間に合わず、別のルートから登って山頂で合流することができた。名古屋から米原まで新幹線を利用すれば追い付いたことは、後になってわかった。西南尾根を登り損ねたのは心残りだ。

JR柏原駅からのコースは長距離になる。容易に山頂までたどり着けない懐の深い山である。
奥の細道のような沢沿いの谷道から明るい尾根道へ、そしてカレンフェルトとドリーネのカルスト地形へと景観が変化し、植生も針葉樹の植林から広葉樹林、広大な笹原と変化に富んでいる。苦労が報われる山でもある。

一時は消滅したかと心配されたカタクリの群落が復活していた。ただし個体数は減っている。山頂付近のヒロハアマナも激減したそうだ。山の姿は変わらなくても生き物の世界は弱肉強食、自然界は厳しい。