八ヶ岳縦走/山小屋にて

期 日 7月25日(土)〜26日(日)
天 候 晴れ

根石山荘

(承前)
今回泊まった山小屋は根石山荘、八ヶ岳縦走路の途中、根石岳(2603m)と箕冠山(みかぶりやま 2590m)の鞍部に位置し、はるか西方に木曾御嶽や北アルプス、東方に奥秩父の山々を眺めることができる。
ありがたいことに、大きな浴槽の風呂が用意されている。どこかに豊富な水源があるとみえる。入浴は到着順で、前の人が出ると呼んでくれる。このような好条件にもかかわらず、週末でもさほど混雑しないから不思議だ。八ヶ岳は区域が広大で、かつ山小屋が多いために登山者が分散するのだろう。

標高2550mの稜線上に建つので強風にさらされ、真夏でも涼しいというより寒いくらい、朝はストーブを付けるほどだ。最低気温は10度前後か。猛暑の下界にいる人たちが気の毒になる。

山小屋では、夕焼けの空と御来光、そして半月が姿を消した3時半頃には満天の星空を見ることができた。空が明るくなる前に目が覚めたのは幸運だった。

登山者の皆さんは行動が早い。朝食後、相次いで小屋を後にする。のんびりしていたら2階の大部屋からは誰もいなくなっていた。
天気が良いのに屋根の下にいてはもったいない。硫黄岳が呼んでいる。さあ、出発だ。

 夕焼けの空


 東の空も赤く染まる


 御来光



 そして誰もいなくなった

(つづく)