岡山の銘酒

酒どころとして知られる兵庫と広島の両県に挟まれた岡山県にもいい酒があった。醸造元は、県北部真庭市勝山の辻本店。銘柄は「御前酒(ごぜんしゅ)」で、杜氏は辻麻衣子さん、女性の活躍する分野が広がっており、女性の杜氏が各地に誕生している。喜ばしいことだ。

燗でも冷やでもおいしい。上品な甘さが感じられる。

話変わって、本日の衆議院予算委員会で、改革結集の小熊議員が安倍総理への質問で福島の酒を取り上げていた。「会津ほまれ」や、安倍総理の地元である山口県の「獺祭」など、質疑の詳細は把握していないが、お国自慢というか、地域エゴとも受け取られかねないような趣旨に聞こえたので、TVを消してしまった。
さて、伊勢志摩サミットの晩さん会で供されるのは、三重県の「作(ざく)」か「而今(じこん)」か、興味津々だ。