日露首脳会談

いつまで同じようなことを繰り返しているのか。

ロシアという筋金入りのならずもの国家が、いかに執念深く、かつずる賢い国であるかは、説明を要しない。クリミア半島奪還、じゃま者の暗殺、ドーピング隠しなどの事例を見れば明らかだ。
経済協力を進めたからといって、いったん占有した領土をそう簡単に手放すものか。日露戦争に負けた怨念は、計り知れないほど大きいはずだ。

自民党の安倍政権でさえ、この体たらく。お人好しで性善説に立った日本外交は、もはや通用しない。外務省も世論も、内心は「どうせ戻って来ないんでしょ」というのが本音か。
日露戦争で犠牲になった英霊に対して、どのように申し開きをするのだろうか。