今日は何の日

久しぶりの祝日で、国旗の掲揚を忘れかけていた。
今日は「海の日」。三連休となる人も多く、皮肉なことに1年で最も山小屋の混雑する時期となっている。海水浴場の混雑はもう少し先だろう。

海が遠くなった。愛知の内陸部に住んでいることも影響している。山登りを趣味とする以前は、よく海辺へ出かけていた。真夏は、海水浴場で冷たい水につかるのが、最高の娯楽だった。文字どおりの海水「浴」である。とりわけ透明度の高い日本海が気に入っていた。
ただ、ぼんやりと大海原を眺めるだけでも満足できた。
暑い夏に、汗水たらして重い荷物を背負ってまで山に登るのは、正気の沙汰ではないと思い込んでいた。

画像は、北海道根室納沙布岬(1976年1月に撮影)。水平線に歯舞諸島が写っている。


上の画像は季節外れのため、夏の海を追加(1980年代山口県青海島にて撮影)