謎の花

去る9月10日に掲載した長野県大町市の小熊山に咲いていた花は、エンシュウツリフネソウではなく、ツリフネソウの白花変種であるシロバナツリフネの可能性がある。
エンシュウツリフネソウは、ハガクレツリフネの変種であり、ともに葉の陰に隠れるように花が咲くこと。
エンシュウツリフネソウの分布が、長野県では南部に限られること (小熊山は長野県北部)。
ツリフネソウに混じって咲いていたこと。
などが、その理由である。
ただし、断定できるほどの自信はない。

シロバナツリフネの存在は知らなかった。本日、図書館の植物図鑑を見て気が付いた。