11月30日/南国の酒

中部国際空港から3時間、石垣空港は冷房が効いていた。外に出ると、もわーっとした生暖かい空気に包まれる。まるで東南アジアに来たようだ。
船で西表島に渡る。夕食時の酒はもちろん泡盛だ。かつては薬品のような刺激的な匂いが苦手だったが、焼酎を飲み始めてからは抵抗が少なくなった。高温多湿の地では、きりっとした透明感のある飲物が合う。

次の日は、水牛車に揺られて長女の働いている由布島へ渡る。