12月某日/ひとりで忘年会

大掃除はきりがない。ほどほどにして打ち切る。そして今年の仕事も終わった。
さあ、大いに飲んで気晴らしをし、かつ大いに食べて寒さに備えよう。頭の働きと血圧以外は正常だし、γ-GTPは低位安定のままだ。

今年は、極めて私的な集まり以外は忘年会が1件もない。これは初めてのことだ。
仕事帰りになじみの店に立ち寄り、ひとりで気兼ねなく忘年会を催すことにした。

日本酒が千円で飲み放題となっていた。今の自分にはグラス3杯が限度だった。
選んだ酒は
名古屋市守山区の「東龍 (あずまりゅう) 龍田屋」 特別純米
岐阜県高山市の「久寿玉 (くすだま) 」超辛口
京都市伏見区の「匠 (たくみ)」 純米吟醸
「久寿玉」は他の銘柄にない独特の風味がある。好き嫌いが分かれそう。「東龍 龍田屋」と「匠」は大当たり。香りがよく私の好みだ。

事前に腹ごしらえをしたおかげで、二日酔いは免れた。


御指摘を受け、産地を記載しました。