受難の年

今年は多くの地域で異常気象や災害に見舞われている。

我が家庭果樹園でも、貴重な栄養源である柿とキウイフルーツが被害を受け、大量の実が落ちた。

ミカンだけがたわわに実っており、収穫を楽しみにしていた。ところが、最近になり相次いで実が割れ始めた。長期間の強烈な日照りの後、雨の日が続いたことによるものだ。

 f:id:f-28910:20180928182231j:plain

その一方で、ちょっといい話。

先日、台風21号の風で金宝樹の木が根元から倒れた。なんとか首の皮1枚で幹がつながっていた。木を起こし、応急処置として近くの丈夫な木にもたれ掛けさせた。

来年は花が咲かないだろうとあきらめていた。そうしたら、時期外れの花を咲かせた。これには驚いた。花の時期は毎年6月初めである。

f:id:f-28910:20180928182321j:plain

「助けてくれてありがとう。まだ花を咲かせるだけの体力が残っているんだよ」

そんな声が聞こえてきそうだ。

台風24号の接近に備えて、件の木に縛り付けておいた。無事を祈る。