11月某日/おいしい薬用酒

f:id:f-28910:20181128190937j:plain

薬用酒といえば昔から「養命酒」が知れわたっている。ただし、少々高い。

そこで、低価格の赤ワインを、薬用酒代わりに服用したいと思う。

抗酸化作用のほか、認知症の予防効果もあるらしい。健康に良いことは何でも試してみたくなるが、その効果の検証が難しいところだ。何もしないよりはいいだろう。

阿川佐和子さん御推奨のオーストラリアの「イエローテイル」は、なるほどお値打ちである。阿川さんには感謝している。

あまりおいしいと飲み過ぎてしまう恐れがある。もう少し苦み走ったワインの方が薬らしくていいのだろうか。

本来の意味とは異なるが、「良薬は口に苦し」という故事が思い浮かぶ。