何の因果か?

ぐうたら生活を決め込んだとたん、風邪と微熱で寝正月のようになってしまった。
風邪をひいたのは数年ぶり、風邪による発熱は何十年ぶりだろうか。
その原因は元旦に遡る。

その日、子供たちがジョギングをしたいというので、意を決して付き合うことにした。当地へ引っ越して以来、外を走るのは初めてだ。先月から庭をぐるぐる走り回っていたので、いくらかは自信があった。
アップダウンのある道のりを5km余り、時間にして約40分、無事完走できた。途中で引き返すつもりだったのが、先頭を走る次男の体調不良もあって、ペースが遅くなったのが幸いだった。30の年齢差によるハンディを克服できたのは、登山による鍛錬の賜物か。

走れば呼吸が荒くなる。口呼吸はのどを痛める。空気は乾燥している。これらにより、のどに風邪のウィルスが感染したものとみえる。

家でおとなしく孫の相手をしていればよかったものを・・・。

6日か7日には初登山を予定していたが、延期した。裏の雑木林を眺めて気を紛らわせる。