凍てつくような立春

本日は、山歩きを予定していたところ、気象情報を聞いて断念した。いつまでも冬ごもりをしていると、自閉症になりそう。思い立って外に出ることとし、ウォーキングを試みる。
地元のスーパーマーケットまで、買い物を兼ねて往復約7〜8kmを歩く。風の冷たさにはまいったが、体は暖かくなった。ウォークマンで音楽鑑賞もできた。
立春は、暦の上でのこと。春のきざしといえば、日没が遅くなったことと、空の色が明るく見えるようになったことくらいか。
この先2か月余り、忍耐の日々が続く。

往路の中間地点にて


復路の中間地点にて


家の近くを流れる川