3月某日/早春の味覚

次男家族を招いて、ともに夕食。近所で採れたというふきのとうを持って来たので、天ぷらにして食す。

この香り、このほろ苦さがいい。日本酒をつい飲み過ぎてしまう。
以前は、三重県の山に登った帰り、よくふきのとうを見かけ、一度だけ採取して持ち帰ったことがあった。
最近は山菜採りの機会がなく、注意しないと山菜泥棒に見られかねない。そこで、登山道に転がっている石を拾っては庭石にしている。