謎の花


裏庭に白い花が落ちていた。何の花だろう。あたりを見渡せば、雑木林に同じ花を咲かせている木があるではないか。最後の一輪が残っている。気が付かなかった。
緑に囲まれた白一点、自らその存在を認めさせようと、裏庭に舞い降りてきたようだ。
コバノガマズミが散り、その後ツクバネウツギが散って、当分は花は見られないものと思い込んでいた。木に印を付けておこう。