共存共栄


我が家の南側の空き地では、オオキンケイギクの花と入れ替わるようにヒメジョオンの花に占領されている。どちらも外来種で、繁殖力が極めて強い。花の咲く時期が少しずれていることから、キク科同士で仲良く共存関係が保たれている。

オオキンケイギク 5月19日撮影
西側の空き地では、セイタカアワダチソウがススキに駆逐されつつあり、片隅に追いやられている。
この先、空き地の主役がどう変遷していくのか、見届けたいと思う。