19時の空


南の空はまだ真昼のようだ。さすがに西の空に目を転じると、夕暮れの気配を漂わせている。

夏至は、北半球だけの概念か。南半球では、今日が冬至になるはずだ。赤道付近の国では、さほどの意味はなさそう。
そもそも、我が国の二十四節気に相当するものが、諸外国にもあるのだろうか。

まだまだ知らないことがある。
今風に言えば、いかにグローバルな視点が欠けていたことか。