湖畔で夕涼み


先日鷹狩山から下山すると、大町市街の暑いこと。これには参った。冷房の効いた信濃大町駅の待合室は人であふれていた。時間があるのをいいことに、大糸線の電車に乗り2つ目の駅、信濃木崎で下車、木崎湖へ向かう。山歩きの後は、山麓歩きだ。

木崎湖へは独身時代に何度か足を運び、宿泊先のユースホステルで様々な出会いのあった思い出の地だ。
陽はすでに西に傾き、日陰に入れば夕涼みになる。湖畔の桟橋でごろりと横になる。登山靴から足を解放し、湖水にひたす。北アルプス山麓の湖なのに、水が生ぬるい。これでは足湯に近い。
初めて訪れてから40年以上が経過したが、湖畔の景観はそのままだった。