蓼科山頂ヒュッテにて(8月19日〜8月20日)

(承前)


4時50分 18時40分
日の出、日の入りの時刻が掲示されている。その気配りに心あたたまる思い。
居ながらにして、御来光と山の彼方に沈む入り日を見ることができる。これも山頂直下に立地する山小屋だからこそ。
夕食後、もうそろそろか、と腰を上げる。


南には夕映えに染まる曾遊の地八ヶ岳、西には北アルプスに沈む夕陽。上空を覆っていた雲が途切れていた。
翌朝の御来光を期待して早々と就寝。


山の天気は変わりやすい。未明から深い霧に閉ざされ、御来光は拝めなかった。
皆さんそれぞれの目的地へと小屋を後にし、7時前、すでに大部屋はもぬけの殻。

霧が晴れるかも・・・とかすかな望みを抱いて、時間の許す限り下山を遅らせることとし、三角点ピークへと向かう。

(続く)