天狗倉(てんぐら)山(522m 三重県尾鷲市/紀北町)

期 日 2月18日 月曜日

行 程 馬越峠~天狗倉山~カンカケ山~おちょぼ岩(往復)

天 候 快晴

 f:id:f-28910:20190221053938j:plain

おちょぼ岩 (その名の由来は不知)

 

熊野古道を歩いたその日は、帰りのバスの発車時刻までゆとりがあった。どこかで時間調整をすることになる。

峠から30分登れば天狗倉山だ。絶景が期待できそうなので立ち寄ることにした。それまでとは打って変わり急な登りになる。天狗倉山の標識は巨岩の上にあり、登るだけの気力がわかず、隣りの低い岩に登った。尾鷲市街と太平洋が見渡せる。目的は果たせた。

道しるべがあり、おちょぼ岩まで50分とのことだ。時間を超過したら引き返すつもりでカンカケ山を越え、その先のおちょぼ岩まで足を延ばす。平坦な箇所で速度を上げた結果、予想外に早くたどり着いた。岩に登ってみると・・・

f:id:f-28910:20190221053959j:plain

f:id:f-28910:20190221054014j:plain

ここからの景観は天狗倉山をはるかにしのぐものがある。与謝蕪村の句が浮かびそうなうららかな早春の海、おりしも尾鷲の最高気温は14.6度を記録していた。ひねもす眺めていたくなる。

日帰り登山のしがらみを感じつつ、峠へと引き返す。熊野古道歩きの後半が待っている。