廃道をゆく

期  日 2月24日 日曜日

目的地 三国山(701m 岐阜県土岐市

行  程 上品野バス停~三国山

天  候 晴れ

(承前)

期待した山頂からの眺めは、薄雲が広がっていたため、確認できたのは恵那山のシルエットくらいだった。

このまま舗装道路を引き返すだけでは物足らない。見失った廃道の逆探知を試みることにした。

登りでは、右往左往の末に見当はずれの地点へ出たものだから、山頂まで遠回りをする羽目になった。ショートカットできたはずの到達点から逆方向に進む。

f:id:f-28910:20190226204213j:plain

民家の脇から道らしきものが続く。イノシシのわなが仕掛けてあった。

ほどなくしてその先は深い薮が行く手をさえぎり、とても進めそうに見えなかった。

f:id:f-28910:20190226204425j:plain

地元の長老らしき方に地図を示して尋ねてみた。

かつては学校の通学路だったが、新しい道路が通じてからは歩く人がいなくなって、地元でも面倒を見ていないとのこと。つまり、荒れるがままに放置されているということだ。上品野のバス停へ戻るには舗装道路しかなく、山道は歩けないと言う。

道路に銘板があり「1977年」と表示されていた。40年も経過すれば道は消失して当然だろう。

かくして、逆探知は不成功に終わった。どこでルートを外したか謎は深まる。