行こか戻ろか藤原岳 (1140m 三重県いなべ市)

f:id:f-28910:20190319200233j:plain

(3月20日掲載の「セッちゃんに会いに行く」から続く)

多志田山(965m)で藤原岳と対峙する。見るからに険しそう。この急斜面を直登できるか。

積雪が解け始めており、ぬかるみがひどい。足を取られるだけでなく、つるつるとよく滑る。転べば泥まみれだ。斜面を滑り落ちていく恐れさえある。引き返したくなった。

これまで藤原岳は反対側の藤原山荘から登っていた。多志田山から少し下って登り返すと標高差は約200m。これを藤原山荘側に当てはめると9合目からの登りに相当する。なんとかなりそうだ。勇気を出して山頂へと向かう。

 

現実は厳しかった。靴の底に大量の泥が付着する。そうなると急斜面での踏ん張りが効かない。この際目印は無視して、なるべく乾燥した所、平らで角ばった岩の上、木の幹の向こう側などを選んで慎重に足を運ぶ。何でもいいから物を掴む。

立ち止まってひと息入れる時間が長くなる。滑らないよう足を踏ん張っているだけで体力を消耗する。

 

「あとどのくらいですかー」

下山する人に山頂までの時間を尋ねる。こんなことは初めてだ。あと30分、あと15分、という返事に勇気づけられる。

この急斜面を下るのは、登り以上に手こずるはずだが、皆さんの健脚ぶりに感心する。置いてきたストックの有り難さがわかる。

 

多志田山から藤原岳山頂まで1時間余り。危機対応力も含めて貴重なトレーニングになった。

f:id:f-28910:20190320160746j:plain

登ってきた孫太尾根を見下ろす

 

360度どの方角を見ても山また山が連なる。この景観がご褒美だ。引き返さなくてよかった。

f:id:f-28910:20190320160823j:plain

加賀の白山を望む

 

期 日 3月18日 月曜日

行 程 孫太尾根~藤原岳~大貝戸道~三岐鉄道西藤原駅

天 候 晴れ

f:id:f-28910:20190320160854j:plain

 フクちゃんにも会えた