立夏が過ぎて

f:id:f-28910:20190508111142j:plain

ついこの間新年を迎えたばかりなのに、はや五月。さらに立夏が過ぎ、春たけなわというより、気分はすでに初夏である。

花粉の飛散が収まって、1年でもっとも屋外で快適に過ごせる時期となった。

さわやかな風の中で心おきなく深呼吸できるのは、幸せなことだ。

 

(5月8日 画像差換)