もう六月

花粉の飛散が収まったと思っていたら、気分よく外出できる春もすでに過ぎ去った。

元号の実感が乏しいまま、早や六月、当地ではもうすぐ梅雨入りか。

冬から春にかけては、暖色系の花が寒さを和らげてくれた。

しとしと雨の降り続く日も、まばゆい陽光に照らされる晴れの日も、しばらくの間は白い花が似合いそうだ。

f:id:f-28910:20190606101924j:plain

ホタルブクロ

f:id:f-28910:20190606101938j:plain

クチナシ 銭湯に行くとよく流れていた渡哲也の歌が懐かしい